March 29, 2010

これぞ言霊・歌力:森友嵐士 完全復活!!

復活:森友嵐士
一生忘れる事はないだろう3月26日。

急な仕事の打ち合わせ等でバタバタとする中、

「森友嵐士:LIVE SECOND BIRTH 2010〜Singing Tree〜」の会場である
JCBホールに40分遅れで何とか到着。

スタートに間に合うと思っていただけにショックだったけど、
忙しいって事は仕事で良い波に乗ってるって事で前向きに捉えないとね。


疲労と興奮が錯綜する中、ようやく席に到着!

MC中でエピソードを交えながらメンバー紹介をしていた!

先に入っていた友人Mに聞くと、
既に披露した曲の中に「じれったい愛」、「傷だらけを抱きしめて」が。。。

大ショック!!!

しかし、初のナマ森友嵐士に魅せられて、五感を研ぎ澄ます。

暫くスローな楽曲が続き、遂に俺の思い入れのある曲のイントロが始まる。
俺の記憶の中で、T-BOLANのラストシングルとなっている名曲。
(実際はこの後2枚のシングルを出して解散となっている。)

愛のために愛の中で

この曲を彼らはLIVEで披露する事なく15年前の3月26日、大阪厚生年金会館でのLIVEを最後に森友嵐士はマイクを置く。

15年と数字で表すのは簡単だけど、復活までどれだけの苦労があったか計り知れない。


そんな中、優しく奏でられる音色、森友さんの言霊・歌力が会場を包む。

ココまで歌詞と魂がしっかりオーディエンスに届くLIVEは最近見ていない。

現在(イマ)だからこそ強く響くようなメッセージがこの歌詞には秘められていると思う。

時たまネガティブになりがちな俺にも強く刺さったよね。

その後「マリア」が披露され、音のない森友さんの言葉だけによる時間。

白血病で数年闘病した後に他界してしまった「しょうたろう君」の話。

20余年と若過ぎるにも関わらず「我が人生に悔い無し」と力強い自問自答を最後に亡くなったそうだが、
どんな苦難をも前向きに生きる彼の姿に森友さんも随分と勇気付けられたと言う。


誰でも何かしら背負いながら生きている。
横に並べれば凸凹なのかも知れないけど、本人にとっては100なわけで、皆それぞれ戦っている。

ただ、これだけは言える。「皆一人ではない」
と。

胸に染みたよね。



皆お世話になった掛け替えのない大切な人って居ると思うけど、そんな人を思い浮かべながら聴いて欲しいと
 

森友さんは父を思い出してしまうと言う「HEAVEN」、「BOY」と続けて披露された。


当然の空気だったかも知れないけど、自分も祖母の事や色々と思い出してしまい涙してしまった。


森友さんは、父親と広島と東京との遠距離で会えない事も多かったけど、今はずっとココに居てくれると自分の胸を指す。

ホント言葉一つ一つが歌力となって心を震わす!

その後切り替えて、「刹那さを消せやしない」、「Shake it」と
アッパーな曲でのチェリストとのセッションもマジ格好良かった!


続けて激アツのバンドサウンドで
わがままに抱き合えたなら」、「Be Myself」、「泥だらけのエピローグ」、「My life is My way」と
最高のグルーヴで、俺も会場もヒートアップ!

本編終了後、
興奮冷めやらぬオーディエンスの長めの「嵐士、アンコール」の訴えに応えて再登場!

アンコールで披露されたもっとも好きな楽曲
離したくはない」、「Heart of Gold」で幕を閉じたと思いきや、
歓声に応え、森友、五味さんと二人でステージの面で座りながら演奏する「Shiny Days」も微笑ましくも力強くて本当に最高だった!

最後に彼らの握手と抱きしめあう姿が何とも格好良くて、胸に焼きつく。


友人と興奮しっぱなしでLIVEトークに花咲かせてたら
何とFANサービスで握手会をやってる事を知る。

こりゃ行くしかないと整理券をゲットし列へ。
よほど今回の復活は本人にとっても嬉しい事なわけで、
FANへの感謝も直に伝えたいという事で、またとないサービス。

3時間のLIVE後に、1時間以上立ちっぱで握手するのは尋常じゃないパワーだよね。

いざ自分の出番となり、森友さんと握手!!!

温もりと共に見せた穏やかな表情!

ROCKなステージでは見せない本質の人間味が出ていた。
色々な苦難を乗り越えたからこそ出る温かみなんだろう!

ホントこの日は一杯のパワーと元気を貰った!

本当にありがとう!

こんな素晴らしい森友さんが表現する上辺だけではない魂溢れる音楽を心底聴きたいと思えたし、また必ずLIVEに足を運ぶ事だろう。

今の音楽業界に足りない部分はこういったところなんじゃないだろうか。

音を楽しむ事はもちろん、一番大事な魂をしっかり注ぎ込んで欲しいものである!


以下は、森友嵐士:復活シングル「抱きしめていたい」のPVドキュメント
  

Posted by himurock1981 at 01:33ライブ | 刺激的な出来事

March 22, 2010

Kylee(カイリー)

3月24日にデフスターより待望の新人Kyleeが「キミがいるから」でデビュー!

アメリカ人の父と日本の母とのハーフで弱冠15才というからまた驚き。

彼女は11歳の時に、NBA公式戦でアメリカ国歌斉唱して、全米を沸かせた。


これで一躍有名となり、インディーズでの活動期間を経て遂にメジャーデビュー!

インディーズでのシングル「VACANCY」を聴いた時は
サウンドの格好良さと歌唱力に痺れたよね!!!


こういうROCKな曲を魂溢れる声で歌ってくれるのはホント最高!


誰だか分からないJ-R&Bの新人はあまり歓迎出来ないけど、
歌唱力あるROCKシンガーは大歓迎だよね。

以下メジャーデビュー曲はインディーズと違ってポップな要素は追加されるも、
芯にはROCKがちゃんとあるし、今後の活躍を大いに期待したい!!!
  
Posted by himurock1981 at 23:04音楽 | 刺激的な出来事

March 21, 2010

やるぜ西川貴教!

職場の先輩に「Abingdon Boys School興味ある?」って一言。

幕張メッセのLIVEチケットを用意して貰えるみたいで、興味あれば行く?的な軽いノリで誘われたんだけど、
行けるもんなら是非って事で昨夜仕事終わりで千葉の海浜幕張まで行き、幕張メッセイベントホールでのLIVEを観戦!

Abingdon Boys Schoolは西川貴教が3年前位に結成したバンドで、
大好きなWANDSのギター(柴崎浩)や、布袋さんの音楽にもプログラマーとして参加した岸さんもいたりと
結構なミュージシャンで組まれているので、気には止めていた!

しかも「JAP」という楽曲を耳にした時、ポップなメロの要素もありつつ激しくロックしてるやんけぇーと、
アルバムをチェックしようと思っていた矢先のお誘いだったので、調度良かった!

しっかし、アラフォーとは思えぬ終始激しいLIVEパフォーマンスに度肝を抜かれたよね。

ビジュアルの要素もあるが、サウンドも本当にロックしているし、パワフルだった!

何より西川貴教も今年40歳という事にビックリ!マジ見えんよね。(驚)
後は、彼の声!
これまたルックス同様衰えることを知らないよね。

あの小さい体から解き放つ野太い声は本物だね。
格好良かったよ!


幕張は遠かったけど、良いパワーを貰ったし、行って良かったね。


  
Posted by himurock1981 at 02:21ライブ | 刺激的な出来事

March 17, 2010

奥田民生ひとりカンタビレ@渋谷DUO

昨日渋谷DUOで行われた奥田民生ひとりカンタビレに仕事仲間である作曲家AKさんと観にいった!

このイベントのコンセプトは、
奥田民生さんが一人で全ての楽器(ドラム→べース→ギター→キーボード、歌)を演奏し、
宅録するという業界初であろう試みの公開レコーディング!

AKさんは大のユニコーン、奥田民生さんのファンで、
このイベントの存在を教えてもらい、ミュージシャン向けのプレミアムイベントという事で、
是非足を運びたいとお声掛け頂いた!

ライブハウスで行われ、客数にも限りあるので、自分もチケット入手に一役買って出た!

見事当選となり一緒に行くことになったのだが、空気感がまたとないし、面白かったよね!

何より、どうやって実施するか想像つかなかったけど、
ライブハウスのステージに立派なレコーディング設備を組んで
民生さんがMACでPro Toolsをひたすらいじりながらレコーディングを進めているのにビックリだった!


しかも民生さんが自宅でいつもビール飲んだり、
ぼやきながらレコーディングしている空気がまんま出ていたので、お客さんも親しみ持って見守っていた!

しっかし、民生さんは、ドラムの一発録りから始まり、良くもまぁ全パート録れるよね!

ギター&ボーカルだから弦楽器はどうにかなっても、
ドラムまでしっかり安定して取れるアーティストはそういないんじゃないだろうか。

ちなみに俺の大好きなヒムロックも音楽やり始めはドラムってんだから、やれるのかな!?

ヒムロックの宅録、超×1億 観てぇー!!


とまぁそんなアホな想像はおいといて、
初のナマ民生さんだったけど、TVまんまの人良さそうな方で、空気感がたまらなかったよね。

後は歌がやっぱ凄いよね!

現在歌の修正もサクサクッと出来る時代だけど、
そこはバンド出身のさすがの歌い手だから、修正いらずで、
ほぼ一発録りで終え、ハーモニーも自ら追加して聴き応えたっぷりだったね。

リズム隊から録って、歌が入るまで
「どんな曲」なんだろうと皆がわくわくしていて待っていて、
3時間近くあってダレる瞬間もあったろうけど、歌が乗った事で、
皆もヒートアップして、説得力抜群で最高の一体感が会場に生まれた!


また、今回のイベントで嬉しかったのが、
音楽業界も厳しい昨今、良いおっちゃんが、
ホント楽しそうに音楽を作りあげている姿が身に染めて、マジ良い時間を過ごせたよね。


奥田民生@渋谷DUO  
Posted by himurock1981 at 03:02音楽 | 刺激的な出来事

March 16, 2010

Crown of Sophia@横浜本多劇場

先週末は横浜本多劇場に足を運んだ。

舞台、ミュージカルとお世話なった2つの劇団が手伝っている公演という事もあって急遽見に行かせて貰った!

お互い続けていると、こうやって別々の団体が繋がる事ってあるもんなんだね!

しかも今回の公演、自分が3年以上前に出演した演目(獅子王伝説)のミックス&リメイクで
驚きと感慨深さがあって面白かった!


かなりの大所帯だったけど、
やっぱ皆が1つの作品に向かってがむしゃらにやってる光景は良いもんだよね!

ほほえましかったし、また1つ元気を貰った!  
Posted by himurock1981 at 00:26日常生活 | ミュージカル

March 09, 2010

B'zライブ@東京ドーム

B'zライブ@東京ドームB'zライブ@東京ドーム2B'zライブ@東京ドーム3
先週末は、友人Mのお誘いで3年振り位にB'zライブに足を運んだ!

やっぱ20年以上のキャリアでTOPをひた走る彼らは、
「ザ・エンターテイナー」って感じで、流石のライブパフォーマンスだったよね!

何といっても衰える事を知らない稲葉さんの歌唱力と肉体は生きる伝説!

まぁあれだけキーの高い楽曲を連発して歌えるよね。
どういう歌い方してるのか思わずモニターの口元を見入ってしまった(笑)


しかしオープニングから凄まじかったのが、ステージ!!!
ステージ上に備え付けられた左右の特大モニターにプラス、中央には更に大きい超特大モニター!

映像が半端なくキレイだし、
モニターとは思えず、リアルに動いてる気さえしたよね。
まぁ大きさがデカイからなわけないんだけど、カメラワーク、映像美がそう思わせたよね。

ありゃどの位置に居てもオーディエンスはリアルにB'zを感じれて嬉しかったんじゃないだろうか。

本当ステージは宇宙ステーションというか、とにかく近未来的だったよね!

あと度肝を抜かれたのは、メディアでも話題になっている
メンバーそれぞれが演奏しているステージごとセンターからキャッチャーの位置までオーディエンスの頭上を移動する光景は半端なかった!!!


楽曲はというと、
俺的にテンション上がったナンバーは、やはり高校時代に良く聞いていた以下楽曲だよね!

・LOVE PHANTOM
・love me、I love you
・愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない

比較的最近でいえば、まぁ王道シングルだけど、
・今夜月の見える丘に
・ultra soul
・愛のバクダン
・OCEAN

後は、散々もったいつけられてアンコールの最後に披露された「イチブトゼンブ」

最初アコースティックバージョンで始まり、
まさかこれでさらりと終わるわけじゃないよなと思ったら、
ワンコーラス終え、少しブレイクが入った後にオリジナルバージョンのイントロが響き渡る!

会場の沸点は最高点に達し、パフォーマー、オーディエンスのエネルギーが一気に爆発!


全体を振り返ると、
もっと良い曲が多ければより好きになるのになとは思いつつも、満足の中ライブを終えた!
  
Posted by himurock1981 at 02:34音楽 | ライブ

March 05, 2010

怒涛の朝までWEEK!

いやー、今日は久しぶりに早く帰れたし、ようやく落ち着いた感じでホッとした。

この一週間は怒涛の朝帰りが4回とジャスサーには堪えたな(T_T)

でもまぁ色々と刺激を貰う出来事も多かったな。

一番はあるレコーディングに立ち合えた時、プロ根性を見せ付けられたよねー。

ご本人は忙しい合間の歌録りで、日中仕事にダンスと疲れもある中、夕方から開始。

散々練習した後に本チャンRECを迎えたんだけど、
難しい歌を丁寧に感情込めて歌っていて、数時間ストイックに歌い続ける姿は圧巻だった!


マルチタレントは、レコーディングといってもサクッと何となしに歌って
ハートを感じれない歌が多いのかなーというイメージだけど、今回は真逆だった。

チェック、歌い直しと、ここまでシビアに自分を追い込んでる姿は、アイドルの域を完全に越えていたよね!

レコーディングを終えたのは深夜3時。

まさかの長丁場で、事務所にタクシーで舞い戻って泊まるという自分にとってもハードな1日となったけど、

第一線で活躍する芸能界の仕事っぷりを間近で堪能出来て、
芸能界で生き残る方は背景にしっかり努力しているのが分かったし、
プロがこんな頑張ってるんだから、一スタッフの俺ももっと頑張らないとなと、良いパワー貰ったよね!



P.S
今日下北で食べたカフェのおじや美味かったなぁー!
ba0db749.jpg  
Posted by himurock1981 at 03:09仕事 | 刺激的な出来事