April 29, 2009

氷室京介×My Chemical Romance

safe_and_soundジャケット待望の楽曲が配信先行で本日リリースされた!

マジやべぇーーーー!

ビートが最高だし、初めてフルで聴く時ったらドキドキと緊張してしまったよね!



今回のこの楽曲「Safe And Sound」は、日本でも人気の世界的ロックバンドMy Chemical Romanceの
ヴォーカルGerard Wayとの見事なまでのコラボ!

ヒムロックとジェラルドの異なるビート感をそれぞれ感じれるし、
二人の息が見事に融合した瞬間など本当に鳥肌もんだったね!


このジェラルドが所属するマイケミは、
パンチのある衣装などちょいと苦手な部分はあるけど、
比較的分かり易いロックをやっている印象で、The Black Paradeは聴き応えたっぷり!

ヒムロックはいつもアメリカのラジオK-ROCKなど、
若手を早くからチェックしたりしていると何かの記事で読んだことがあるが、
マイケミも好きなバンドの1つとの事!

今回のコラボの経緯は、彼らの事務所の弁護士同士が友人らしく、
ヒムロックがマイケミを好きな事が向こうサイドに伝わったのが事の始まり。

ちょうどその頃ジェラルドがヒムロックの住むL.Aに移住しており、
話を聞いた2週間後には、ジェラルドが家を訪れたらしい!

以後、氷室宅のスタジオでプライベートセッションしたりとあっという間にコラボの話が纏まる。

今回のこの曲は、ジェラルドがヒムロックをリサーチし、彼のイメージに合う楽曲を短期間で制作。
バンドから考えると30年近いキャリアを重ね、今も尚ハードなロックをやっているヒムロックに一目置き、
そこからインスパイアされ、ジェラルド自身良い刺激を受けながら渾身のストレートな楽曲が出来たの事。

レコーディングもL.Aの老舗サンセット・サウンドで、
6×3日間の18時間という破格のスケジュールで仕上がったという!

ヒムロックも歌録りを3時間で終えるという圧巻っぷり!

世界的バンドがヒムロックのプロッフェショナルさ、声の良さを実感してくれるといのは嬉しい事だよね!

スタジオミュージシャンも精鋭揃いで、
ナイン・インチ・ネイルズのドラマーを迎えたりとグルーヴが半端ない!

色々と細かいレコーディングエピソードなどはHPで
ヒムロックが生の声で語ってくれているのだが、熱い気持ちがひしひしと伝わってきたよね!

と同時に俺らじゃ到底理解の出来ないつくづく雲の上の存在というのも感じたけどね!

ただ、今の時期はヒムロックも花粉症で鼻ぐちゅぐちゅだは、頭ガンガンするだのらしく、
同じ人間味を感じれたのがちょいと面白かったよね(笑)

safe_and_sound_PV
話は逸れたが、とにかくこの楽曲は本当にカッコよく仕上がっており、
5/6日にiTunesで解禁されるが早くPVをフルで見たい!マジ痺れんだろな!



この曲は、ブルーレイ完全版「Final Fantasy VII Advent Children Complete」の
ENDING THEMEでも使用されている。ジェラルドは日本のアニメーションにも関心があり、
Final Fantasy VIIはマイケミメンバーも大好きなゲームとの事。

FANの方が、スライドショーと共に歌詞付きでyoutubeにアップしてくれたので、思わず取り込んでしまった!

出来れば正式なPVを埋め込みたかったけど、曲は本当にカッコ良いので、
もし良ければ以下よりチェックしてみてくれい!

  

Posted by himurock1981 at 02:11TrackBack(0)氷室京介 | 音楽

April 27, 2009

ARABAKI

ARABAKI野外ロックフェス初観戦!

今まで行きたいとは気持ちばかりで実行力が無かったロックフェス。

しかし今回、仙台ロックフェス「ARABAKI」に
同僚のインディーズレーベルが手掛ける「EGNISH」がめでたく
出演するってんで観に行かせて貰った!

前夜仕事終わりギリギリ間に合い夜行バスに乗車!


翌朝仙台に着くなり、
シャワー浴びるなどちょい休憩挟んで、シャトルバスでARABKI会場へ!

天気は生憎の雨!
続くバス移動と降り止む気配を全く見せない雨。

寒さもあり気持ちが折れそうになる初のロックフェス観戦(T-T)

かなり厳しい状況下でのスタートとなった!

しかし、せっかく仙台の山奥まで来たのと、
ロックフェスの熱を肌で感じる事が出来る抑揚感で何とかテンションを維持!

会場内は傘禁止との事でレインコートを身に纏い、
体の温まるそばを胃にぶっこみ目的のステージ「MICHINOKU」へ!

最初まばらだった人が幕開け直前ぎっしりと人が集まり、
今か今かとフェスのスタートを待ち望んでいた。

ARABAKI_MAPARABAKI_GATEARABAKI_MICHINOKU

この悪天候で地に足を付けていられるのは音楽のパワーのみ。

ちょっとやそっとの演奏じゃ納得できない目も耳を肥えたオーディエンスを前に、遂にフェスの幕開け!


会場の雰囲気に呑まれることないテンションアップでEGNISHが登場!

来月発売するミニアルバムのリード曲「hero」でオープニングを飾る!

やっとフェスが始まった高揚感でオーディエンスも乗っけからダイブするなど一気にヒートアップ!

3曲目に披露した「Bitter end」では、サウンドに合わせて皆もジャンプ!

俺もお客さんに交じって跳びはねてたんだけど、
雨ん中何故か急に感極まってるあほな俺(笑)

「何泣いてんの!あほじゃん!」と一人突っ込みも虚しく、
目頭が熱くなり、全く堪えられず涙してしまった。


彼らの成長や同僚の先輩らの苦労を勝手に想像したのか、涙が止まらなかった。

もっと身近に絡んでたらどうなっちゃうんだろ俺ってな感じだけど、
今まで観た中で一番良いパフォーマンスを見せてくれ、とにかく感動した!

続けて同じブロックで、
ジッタリンジン、怒髪天、マキシマムザホルモンと雨ん中ボロボロになりながら観戦!

怒髪天良かったなぁ!
パフォーマンスもそうだけど、
MCで「皆の頭の上をさらりと舞うのは、日本泥酔会会長の涙だ。
彼は悪くない!皆にこの気持ちを届けてやれ!」と辛い雨の観戦を楽しませてくれるMC!

曲も不景気を吹き飛ばせるように楽しめる感じが良かったなぁ!


その後は待望のマキシマムザホルモン!

彼らは以前地元の友人に教わり初めて知ったんだけど、
サウンドは超ヘビーなのにメロがポップな要素もありすげぇなと印象を持ったバンド!

昨年は「爪爪爪」で大ヒットを飛ばし、今も尚驀進中!

そんな状況下で思わずレンタルしてしまったアルバム「ぶっ生き返す」は今や俺の目覚ましの定番!

必ず起きたい時に、あのサウンドが爆音で部屋中に鳴り響くと、そりゃ起きるよね!

後は何と言っても彼らのライブパフォーマンス!

噂では良く聞いていたけど、ライブで観るのは初!

最初からの流れでずっと前端を陣取ってた俺がバカだった!

マジ半端ねぇ!

オーディエンスの熱は一気に最頂点に達し、
雨ん中湯気出まくりで前見えなくなるし、
ダイブあり、体上下に揺らすはでマジやばし!

今まで何とか持ち堪えてたレインコートはもげ、
雨ざらしだは泥まみれになるはで終わった後はずたボロだった!

いやー、マジすげぇ!
てか、にわかファンは先頭集団で見ちゃいかんね!


そんなこんなで4時間雨ざらしで4バンド見て疲れたので、先輩に連絡し楽屋に合流!

暖かい楽屋はマジ天国!

食べ放題の味噌豚やカレイに肉じゃが、カレーと召し上がり体力回復!


その後クロマニヨンズ、BUCK-TICKと後方でゆっくり観戦。


最近は世の中見てもCD売れてないし、CDショップやレンタルショップ行っても
音楽コーナーは人がまばらで元気ねぇーなと感じる事もあるけど、
この日だけは違ったね!

悪天候の中大勢のお客さんが集まり、音楽に歓喜してる姿を目の当たりにし、
これほど「NO MUSIC,NO LIFE」を肌で感じた事はなかったよね!

途中立ち寝する程疲労困憊だったけど、
フェスの楽しさ、厳しさを堪能し、ホント刺激的な1日を送れた!



まッ、今朝家に着くなり爆睡して、起きたら頭は痛ぇはで、
友人のライブ観に渋谷行ったけど、完全風邪引いたよね(笑)  
Posted by himurock1981 at 00:11TrackBack(0)音楽 | 刺激的な出来事

April 21, 2009

おっさんの一途辿ってる?

土曜は仕事終わりジムに向かい、運動後はまったりしようとしたのだが、
地元の友人の誘いで六本木に舞い戻る!

夕方まで六本木居てまた22時過ぎに良く来たなと思いつつ、
ゆっくり地元の友人と飲むのも久しぶりなので、ハードではあったけど楽しいひと時となった!

しかし最近つくづく自分の酒の弱さを痛感するよね。

この日もちょっとしか飲んでないのに、1時にはダウンしてしまった!

運動後とはいえ、情けない(T_T)

途中フェードアウトという形になったのが心残りだが、そのまま会社泊して
午後は後輩が出演する舞台「白梅の咲く頃に」を観に新宿村LIVEへ!

ここんとこ戦争を背景にしたストーリーが多いのだが、観るのは意外と嫌いじゃない!

今回は1945年の沖縄を舞台に散っていった若き女性達の命が主軸の話なのだが、
彼女らや軍人の苦しみ・悲しみを物語を通じて感じると
俺含め、現代人の悩みなんてちっぽけだなと感じさせられるよね!

俺も気力を失いそうになる瞬間もあったりするけど、
世の中で絶望感を味わって自ら命を絶つ若者や、殺人などの位ニュースが飛び交うと
こういう戦争が遺したメッセージを垣間見れる機会がもっと身近にあればななんて思うよね。

まッ、実際10代の頃は戦争に見向きもせず無関心だったのに、
年の功というのか、最近は多少向き合える瞬間もあったり。

マジおっさんの一途を辿ってるよね(笑)


何はともわれ、物語を通じてパワーを貰うっつのは良いことだね!

白梅の咲く頃に  
Posted by himurock1981 at 02:58TrackBack(0)日常生活 | 刺激的な出来事

April 16, 2009

バスケ半端ねぇ!

バスケリングこの間の日曜、会社仲間とAMから活発にバスケったんだけど、
足の筋肉痛が半端なく、ようやく治ったばかり!

朝っぱらから激しく動き回るなんてまずないけど、
この日はメンバー揃うなりフルコートで5:5!



特に時間も決めずやり続けたのが凄いが、
お互い良い試合を繰り広げつつ、疲れもMAXとなり一時終了!

さすがにフルはってな事になり、3on3に変更!

その後もフリースロー対決で筋トレ罰を行ったり、
最後はまたフルコートで戦ったりで動きまくりスティだったね!

フリースロー対決は散々だったけど、
試合では何本かロングシュートが入った時はマジ気持ち良かった!

疲れMAXの体を癒してくれたのは、会社の先輩夫婦が連れてたお子さん以外ないよね!

いやー、赤ちゃんパワーで凄まじいよね!本気癒されたぁーー!

桜2009赤ちゃんパワー


その後は会社でちと仕事を済ませ、先輩の舞台を見に新木場1stRINGに足を運んだ!

今回の内容は、プロレス団体を新たに立ち上げるに当たって、関わる人物の群像劇が主軸のストーリー!

が、本物のプロレスイベントや、ボクサーもゲスト出演している。

両国で観戦した畑山との激闘が一挙に蘇るコウジ有沢選手を見れたのは嬉しい!

また、初めてプロレスを生で見たのだが、激アツだったね!
どちらかというとプロレス否定派で今までTVでも一切見る事がなかったんだけど、
いきなりの生プロレスにマジ吸い込まれた!

プロレスはある種のエンターテイメントだし、
仮に段取り的なモノがあったにしても、生で観ると音とイタさの臨場感がマジ半端ねぇ!

こん時男性だけじゃなく女子プロもあったんだけど
これまた迫力で、美女と野獣の戦いぷっりが圧巻!

てか最近の女子プロは可愛い事にもビックリ、普通にハマリそうだよね(笑)

お世話になった先輩の熱いパワーも感じる事が出来たし、ちょいとハードな1日だったけど良い刺激になったね!
新木場1stRINGきら星の磁力  
Posted by himurock1981 at 01:56TrackBack(0)日常生活 | 刺激的な出来事

April 05, 2009

俺のハンバーグ

仕事終わり久々に恵比寿でディナる!

恵比寿は今も乗換で経由してるし、以前働いてた場所で好きな街の一つ。

渋谷や新宿に比べりゃ人も少ないし、雰囲気が何か心地良い!

っても街の事詳しくないし、何をアピれるわけでもないんだけどね(笑)

今日はガーデン側にある「俺のハンバーグ」に行った!

3年位前に一度ランチで行った切りでかなり久しぶり!


もちろんハンバーグ専門だけど、このちょいとSっ気のあるネーミングが良いよね!

一度聞くと忘れらんない。

今も流行っていて、今日も30分程待ったが、味は最高だね!

もっとお店が広ければ良いのにって思うけど、
昼とは違った夜の照明具合がまた心地良く、安らぎのひと時だったね!


経由ばかりで最近恵比寿をゆっくり歩く事なかったけど、
何か月日が戻った感覚でまったりとリフレッシュな1日が送れたのがまた良かった!

俺のハンバーグ  
Posted by himurock1981 at 01:45TrackBack(0)日常生活 | グルメ

April 03, 2009

ナミダWEEK!

しっかし今週はよう泣いた!

先ずは日曜、録画した「行列」のカンボジアプロジェクト!

最初は落札された絵がどこにあるだのであまり興味わかへんかったけど、
終盤のカンボジアに建設された学校で、
落札された全部の絵のパネル貼りをボランティアで買って出た田村さん。

病死した娘さんとのエピソードがほんまヤバかった!

番組がサプライズで娘さんの笑顔をイラストにしたパネルをプレゼントした際、
田村さんの溢れんばかりの思いと涙を浮かべる表情に感動し、
自分が抱える悩みなんてちっぽけやなぁと号泣!


2回目は、俺の大好きな漫画家・森田まさのりさんの「べしゃり暮らし」!
3年ほど前に1巻を買うてから発売タイミングがよう分からず全く見てへんかったんやけど、
今年始発待ちでマンガ喫茶行った際偶然見つけて読み返した。

そこからハマッてしまい、現在出る7巻までを購入!

この「べしゃり暮らし」は、お笑いを目指す高校生コンビを主軸に
家族・先輩芸人などがストーリーを色付けする。

一昨日通勤の電車内で6巻を読んでいたんやけど、
尊敬するコンビ芸人デジきんの藤川と金本の話しが熱く
時折見え隠れしていたコンビ愛が浮き彫りになった際に思わず涙!

電車の中だろうと構わず涙を浮かべてしもた。

ちょいちょい今日のブログは関西弁混じりになるんは
完全この「べしゃり暮らし」の影響やろな(笑)
09819d3c.jpg

そして最後は、仕事で関わる事があったとある本。

この本は、CD付BOOKとして売られてるんやけど、
自分が提案した楽曲の1つが採用されてホンマに嬉しかった!

少し前にサンプル本が届き、昨日ようやく読み進めた!

著者が今回のプロジェクトに掛ける思いと楽曲が採用される迄の経緯なども少し書かれていて
知り得なかった事実を知り楽しんで読ませてもらっていた。

この本は夢叶える為の取り組み、ポジティブに物事を考える重要性などが
メインテーマとしてあるんだけど、ココまで別に泣けるポイントなどなく読み進めていた!

しかし終盤に著者の思い出深いエピソードが盛り込まれ、
講演で訪れた老人ホームで、グチばかりこぼす仲間に怒りをぶつけるおばあちゃんの話があった。

おじいさんを既に亡くしていたこの優しいおばあちゃんは
グチばかりこぼす仲間からは一歩身を引いて過ごしていた。

しかし、この日堪忍袋の緒が切れたのか

「あんたら!ええかげんにしいや!なんで毎日毎日、そうやって集まったら
誰かの悪口を言ったり、不平不満ばかり言うのや!あんたらには感謝がないんか!!」

と突然泣き始めたという。

その後続けた「その人が元気に生きてるから、それが当たり前と思うから、文句ばかり言える。
小さな幸せにも感謝ができなくなる。」という言葉の重みを感じ思わず涙がこぼれてしまった。

著者と母親とのエピソードも良かったよね。


とまぁ、今週の俺は、TV・マンガ・本と「どんだけ泣かされてんだよ!」って感じだよね(笑)  
Posted by himurock1981 at 04:06TrackBack(0)日常生活 | オススメ本