May 28, 2006

BOOWY涙の解散宣言

布袋×氷室BOOWYBOOWY1224秘密









風邪が悪化し、体が思うように動かない俺は、
急遽バイトとミュージカルの稽古を休み休養した。

何気なく手にした「BOØWY1224」のライブビデオをデッキに突っ込み、
自然と映像に吸い込まれる。

カリスマ・ロックシンガー=氷室京介
クレイジー・ギター=布袋寅泰

最高にカッコイイぜ!
眩し過ぎる!

「BOØWY1224」を観て、
秘密」を振り返って読んだ俺は彼らにこう叫ぶ!

「BOØWY1224」の発売された2001年、
布袋さんは映像を観る事を拒んでいた。
「過去を振り返ってもしょうがない」というのは言い訳で、
当時自分がどんな顔をしていたのか、
バンドのみんなはどうだったのか、
胸にナイフが刺さったようなあの生々しい瞬間が記録された映像を
一人で観るのがただ怖かったのだという。

しかしその年のクリスマス・イブに自宅でパーティーを行った際に、
松井常松が居て、昔話にも花が咲き、初めて映像を観たという。

本音はメンバー4人で映像を観たかったが、
松っちゃんと是非観たいということで、
映像をスクリーンに投射する。

幻のライブが始まった途端にパーティー参加者全員が押し黙り、
布袋さんは全身鳥肌が立ちながらも、
松っちゃんと共にあのステージに還っていき、
最終曲「Dreamin’」演奏直前のヒムロックの解散宣言を
客観的に初めて観た彼らは、涙したという。

「秘密」を読んで色んな感情が芽生えた俺も、
映像を観ながら当然涙した。

メンバー個々の想いが胸に刺さり、
「何で解散なんかすんだよ!」と心で叫び
Dreamin’の曲中涙が止まらなかった。

今まで何回かこの映像を観た事あるが、
ここまで涙したのは初めてだった。

観終わった後は、蛻の殻のように力が抜けてしまった。



〜 秘密を読んで 〜


以前も書いたが、今回「秘密」を振り返って読んだ感想を書き綴らせて頂く。
布袋魂を存分に感じれるこの本は、
ハートに灯火が灯るように自分に語りかけてくれるので、
良ければ皆さんにも読んで頂きたい。

BOØWY時代のエピソードは特に必見である。
今まで第三者が書いたエピソードは何回か読んだが,
メンバー自ら語るヒストリーは鮮明で,
当時の彼らを映像で想像出来て,
俺の心に更に深くBOØWYという存在が焼き付けられた。
苦悩の日々,成功,解散に対する布袋さんの想いが垣間見えた。

BOØWY解散を最初に言い出したのは布袋さん自身であり、
時にワル役になろうとも、
彼自身の絶対的な解散の理由は墓場まで持って行くという。
ただ、BOØWYは4人でBOØWYなのだがら、
4分の1の存在の一人である彼が軽々しく語れないという信念がある。

BOØWY解散後,最愛のパートナー氷室京介を失った彼は,
「ハートの半分を失うに等しい」という。

以前のようにギターに気持ちが向かなくなり、
ギターを辞めることも考えたという。

ただ、ギターを辞めさせなかった大きな要因は、
父の言葉である「男なら七つの海を越えなさい」だった。

一つの大きな夢は叶ったが、
夢の終わりが新たな夢を生み、
世界に目を向けるようになった!


ただ、解散後はBOØWYメンバーに関わるスタッフもバラけ,
一時は皆ヒムロックに流れたと思い,嫉妬心が芽生える事もあったらしい。

というのも、
ロックバンドが解散すると、
ヴォーカリストだけが活動を継続し、
他のメンバーはメインストリームから外れ、
そのまま消えてしまうことが多く、
布袋さんもそのような逆境を感じるようになったという。

「BOØWYは4人でBOØWYだろ? ヒムロックだけのバンドじゃなかったはずだぜ!」と、
憤然するようになり、
今までヒムロックと同じ船に乗る運命共同体だったのが、
解散した途端ライバル化してしまったのである。

お互い当時は過去を振り返る事を拒み,
前だけを見てストイックにロック道を突き詰めていた!
自分の存在価値を高める為にBOØWYの枠を越え,「俺は俺だ!」と五感を研ぎ澄ます。

BOØWY解散後も数々の苦悩が続くも朋友であり良きライバルである彼らは、
個々の音楽スタイルを確立すべく邁進してくのである。

布袋さんが取った行動は、
日本はヒムロックに任せ、
自己は世界へ向けゼロからのスタート切る。

ロンドンに飛び立ち、
ファーストソロアルバム「GUTARHYTHM」を完成させた。

その後も布袋さんは、
歌うことの難しさや、
ソロツアーでの孤独感を味わったり、
離婚や再婚、父や義父の死、娘の誕生、
自身の大怪我などで楽あり苦ありの日々が続く。

その後の話もBlogで書き綴りたいが、
到底書き切れないのでここまでにする。

ただ、彼は下記のような色んな人たちと出会い、

BOØWYのメンバー氷室、松井、高橋、
最高のプロデューサー糟谷さん、
山下久美子、
吉川晃司、
hide、
辰吉、
貴乃花、
今井美樹、
豊川悦司、
デビッド・ボウイ

などかけがえのない人との出会いがあったからこそ、
色々なドラマを築き上げ、成長していったのだと思う。

やはり人間は一人では生きていけない!
俺も人との出会いを大切にし、
自分も周りもハッピーになれるような人生を歩んでいきたい。
  

Posted by himurock1981 at 21:16TrackBack(0)氷室京介 | オススメ本

May 27, 2006

風邪との闘い&バンド練習vol.4

昨日は帰り間際の仕事が中途半端な状態で、
試行錯誤すると帰るのも面倒になり、
タイミングを失ったことから家に帰れなくなってしまった。

どこに泊るか友達を色々と当たるが、
グループ会社の渋谷オフィスに泊らせて頂いた。

寝袋もあったりで快適に泊ることが出来た。

ただ、風邪も悪化の傾向で咳き込む俺は、
重い腰を上げながらも、
今朝は直行でボイトレに向かった。

喉は調子悪かったが、
気持ち悪くはなくあまり気にはしてなかったのだが、
ランチ後に咳き込むと嘔吐してしまった。

今年の風邪は胃にも来るらしく、
嘔吐したのにはビックリである。

気持ち悪くないのに、
周りに非常に見苦しい姿を見せてしまった。

その後は地元の美容院に行く為に家に帰るが、
予約しているのに40分も待たされ、
時間も無くなったので美容院は止めて、
夜のバンド練習の為に少し休息した。

少し休息した後は20時半から横浜のスタジオGATEWAYSで2時間練習をした。

ベースが風邪でダウンし、ギター2人とドラムと俺とで4人で練習。

俺も風邪で喉が調子悪いので、
ギター陣には少しボリュームを抑えてもらい練習に臨んだ。

昼の嘔吐もあり喉に気を使いながらの練習ではあったけど、
バンドサウンドを聴くと次第にテンションが上がり、
頑張って歌い上げていた!

練習後はミーティングでどこでライブをやるかなどを話し合い、
次週はデモを録り、ライブハウスを決めに入ろうと方向性を決める。

川崎、関内、新横浜からライブハウス候補を絞っていく。

俺的にはアクセスのイイ川崎でやりたいが、
先ずは風邪を治し、次週のデモ作りに力を入れて行きたい!

しかしバンド名が決まってない俺ら。
先ずはそこからだな(笑)


  
Posted by himurock1981 at 23:59TrackBack(0)日常生活 | バンド関連

May 25, 2006

オランダおいね

おいね
町田市民フォーラムで「オランダおいね」という舞台を観た!

きっかけは昨年7月にミュージカルで競演したMさんが、
この舞台に出るってんで仕事を早めに切り上げ観に行った!


ミュージカルではダンスが中心というか、
台詞があまりなかったのだが、
Mさんは芝居をやりたくその後も努力を続け、
定期的に舞台に出演している。
やはり同じ志を持つ友人が頑張ってるのは、
もちろん応援もするし、俺にもイイ刺激を与えてくれる。

今回観させて頂いた舞台は、
鎖国をしていた1823年8月の長崎の出島を背景に繰り広げられた。

内容はオランダ医学の教授者であるシーボルトの子「おいね」が、
女医を目指し成長してく過程を、
おいねを支える周りの人間とが見事に絡み合い一つの作品を築き上げた。

友達はおタマという唯一の面白キャラで、
あったかみがあり会場の雰囲気を和ませていた。

今回の舞台で友達の頑張りも伝わったし、
現代演劇じゃない舞台の面白さや魅力も感じれ充実した1日となった!  
Posted by himurock1981 at 23:52TrackBack(0)日常生活 

May 24, 2006

胸に響く数々のトーク!

今日は久々のワークショップ。

あまりの参加率の悪さにビックリしたが、
少人数ならではの入念なボイトレと、
曲から感じ取ったものを素直に表現する訓練を行った!

事務所の所属オーディション後初の練習で、
アドバンスとテクニカルの2クラスに分けられた。
俺はテクニカルクラスに属しての練習となった。
今回のオーディションで所属したのは2名で、
俺はまだまだ所属レベルには到底無かったので、
今後はもっと表現力アップに努めていきたい。


〜 業界の厳しさ・面白さ 〜

ワークショップの後は、
Ryhthmの脚本・演出家のHKさんと待ち合わせし、
前々作で競演したErinaちゃんのマネージャーとの打合せに同席させて頂いた。

新宿御苑にある事務所で、
前作の感想や、次回作についてのキャストの相談、
Erinaちゃんの頑張りなどを聞かせて頂いた。

その後は近くのイタリアンレストランで食事までご馳走になってしまった。

今回は業界に携わってる方ならではのお話を聞けたり、
プロダクションのバックアップがあっても、
仕事を貰うにはオーディションを勝ち抜くしかなく、
事務所の力も重要だが、
個人の努力と魅力を如何に伝えるの重要性など、
貴重なナマの声を聞くことが出来た!

まだまだやり切れてない俺としては、
非常に刺激を受けやる気が感化された。

こんな席にお誘い頂いたHKさんと、
俺の同席を快く受けて頂いたTさんにはホント感謝である。

この経験を無駄にせず、
これから色んなアクションを起こしていきたい!
  
Posted by himurock1981 at 22:59TrackBack(0)俳優業 | 日常生活

May 22, 2006

偶然熱い彼に!

会社帰りの恵比寿ガーデン前、
突然「Ryo」と呼び止められ、
誰かと思い振り返ると大学時代の熱いギタリストレイだった!

今日は真っ直ぐ帰宅してバンドの新曲のLyricでも考えようと思っていたが、
彼は先輩のライブを観に足を運ぶ途中で,
せっかくなので同席した!
会社の2軒先のライブバーでかなりの偶然に驚きだったが、
アコースティックライブに適したハコで,
俺もまた自分に置き換え夏にライブをやるぞと心に誓った!

恵比寿ライブ0522  
Posted by himurock1981 at 23:30TrackBack(0)日常生活 | 音楽

May 21, 2006

Love Romance発売!

昨日はボイトレから始まり、打合せ、バン連、新橋での飲み会と
1日に4箇所と移動距離が多くて疲れたが、
締め括りに友達とバカ騒ぎしながら飲めたのは非常に楽しかった。

バタバタした1日ではあったが、
昨日はボイトレに通ってるインディーズレーベルから
ソロ・シングル「Love Romance/遅すぎた愛」の発売日。

HMVやタワーレコードで発売されるわけだが、
店頭に置いてあるところは限られおり、
オンラインでも購入できるようになってるので、
楽曲の好き嫌いもあると思うが、
気が向いたら皆さんに聴いて頂きたい!

下記オンラインショップTOWER.JPで商品アップされており、
レビュー機能もついているので、
良ければコメントも書いてやって下さい!

オンラインショップ
@TOWER.JP  
Posted by himurock1981 at 23:07TrackBack(0)音楽 

May 20, 2006

バンド練習vol.3

ボイトレ後に東中野で先輩と打合せをし、
横浜に戻ってバンド練習を行った!

今回は新たなサポートドラマーを向かい入れての練習を行った!

サポートドラマーはサウスポーで、
通常上手にあるリズムキープのハイハットを下手にセットし直し、
リズムを刻む。

サウスポーでもセットはそのままでやる方が多いのだが、
あまり目にしないセットの光景が新鮮だった。

前のサポートドラマーはライブはやれないとのことだが、
今回の彼はライブも手伝えるとのことなので、
正式ドラマーが見つかるまでは、
彼をリズムの要として受け入れ、
後のライブに焦点を当て日々前進していきたい!
  
Posted by himurock1981 at 19:12TrackBack(0)音楽 | バンド関連

音域アップ

今日は久々にボイトレに行って来た!

音域チェックで、
先生に「ラまで出るようになったね!」と言われ嬉しかった!

というのも、
俺は低いファから高いファまでの2オクターブが歌で使える音域と言われいて、
高いキーがまだまだ苦手だった。
音域は中々上がるモノではないとも言われていたのだが、
高いラまで出ると非常に歌の幅も広がるし、
嬉しい変化だった♪

久々のボイトレにも関わらず声も出てるとも言われたので、
バンドをやり始めた成果かなと思う瞬間でもあった!  
Posted by himurock1981 at 12:30TrackBack(0)音楽 

May 19, 2006

会社にて誕生日会

今日は会社のグループ全体で、
「誕生日会」と題して、
昨年の12月から今年の5月までの誕生日の方を祝う会が行われた。

顔見知りの人もいれば、
お初の人もいたりで、
同じ会社の仲間との交流を深められるイイ機会であった。

腹一杯料理も食べ、
まともなバースデイケーキも食べれたので最高だった!

411パーティーcake  
Posted by himurock1981 at 23:31日常生活 | 仕事

May 16, 2006

宅録に初チャレンジ!

宅録今日は事務所のオーディションの後に、
思いの他時間があったので、
兼ねてから準備を進めていた宅録に挑戦!

自信のHPを公開してからもうすぐ1年になるが、
Original Songsと題してるわりに、
歌入れされてるのはたったの1曲だけだった!

どうレコーディングをしようと考えていたのだが、
少し前にKORGのデジタルレコーダーD4を購入し、
レコーディングの機会を探していた。

色々とバタバタとしており、
中々機会に恵まれなかったのだが、
急遽本日実施することにした!

本来は何テイクも録り、
パンチイン・アウトの繰り返しでクオリティを上げるのだが、
取り合えず一発録りで終了。

「Forever」と「For The Glory」、「Roots」の3曲を録り終えた。
一発録りで案の定音質や音程に問題あるとこもあるが、
次回のレコで修正するとして、早くもサイトにアップしてしまった!

「Forever」はポップ要素の強いロックだが、
以前から俺は好きだった!
ギターもセミプロが弾いてるので結構イイ!
この曲は何回も歌詞を変えた楽曲で、
まだ直すことがあるかも知れないが、
徐々に完成度を上げていきたい!

「For The Glory」は80年代のロックって感じの楽曲で古さを感じる。

Uros「Roots」は俺が大学4年の時にL.Aに行った時に、
ハードロック好きのギターセンス抜群のUrosと知り合い、
俺のガキっぽい英詩と彼のギターとで作り上げたハードな1曲。
これを聴く度アメリカで過ごした日々が鮮明に思い出される。



自分の好きな楽曲でないと苦痛だと思うが、
良かったら皆さん下記HPから聴いてみて下さい!

Original Songs!  
Posted by himurock1981 at 02:41TrackBack(0)日常生活 | 音楽

May 14, 2006

Happy Birthday To Me & Thanks Mom!

今日は不本意ながらMy Birthday!

俺もまた今日で1つ年を取ったわけだが、
実感は無いにせよかなりズッシリと圧し掛かる重たい年齢である!

誕生日だってのに、
バイトにミュージカルの稽古に何てこたぁない1日を過ごした。

稽古前に先日落としたipodの回復を願ってアップルストア新橋店に足を運び、
ほんの数分で回復の兆しが無いことを指摘されがっくり肩を落とす。

そんな状態でミュージカルの稽古を行うも、
当然イマイチの出来。

今朝から疲れが取れず眠い1日であったが、
皆からの誕生日おめでとうメールや
1日の締めに友達とディナーを楽しめた事で救われた!

ダンサーを目指す友達で、
仕事との両立を頑張りながら充実した日々を送る姿に、
俺も負けてられないなと思い、
無駄に年を重ねてしまった悔しさを、
逆に力に変えて今年こそやり切る1年を過ごしたいもんだ!


〜 Thanks Mom! 〜



今日は母の日でもある。
未だかつて俺の誕生日と母の日が同日であったことなんかないわけで、
めでたい日なのだが、
離れて暮らす母とは顔も会わすことなく終えてしまったのが残念。

準備不足だった俺は、
花を贈ることしか出来なかったが、
喜んでくれたようで、
留守電に元気そうなメッセージも入っており、一安心。

俺がまた無事に誕生日を迎えれたことと、
今まで育ててくれた母への感謝の気持ちを忘れず1日を終えた!

親は暫く会わないとぐっと老けてしまう気がして心配なのだが、
逆に俺が心配されていては男が廃るので、
早く楽して上げれるよう努力していきたい!  
Posted by himurock1981 at 23:57TrackBack(0)日常生活 

May 08, 2006

夜更かし続き

昨日のJEFF宅のパーティはディナーだけでは終わらなかった。

カラオケ皆でお腹一杯になった後、
カラオケに行くことになった!

俺は次の日9時から仕事もあり、
帰る予定でいたのだが、
JEFFも飲み足りなそうで、
皆で盛り上がり切ってない部分があったので、
せっかくの機会だしカラオケに行くことにした!


0時からのスタートで当然帰れないわけだが、
皆で歌い合い、
散々バンドで昼間に歌った俺だが、
カラオケも十分楽しませてもらった!

終わること3時前で、
JEFF宅に戻り、
仮眠を取って職場に向かった!

シャワーを借りたり泊らせてもらったりで、
JEFFと奥様のYさん含め非常にお世話になった!

ただ、2時間睡眠で臨んだフルタイム出勤は非常にキツかった!

でも楽しい時間を過ごせたのでヨシとしよう!


しかし今回のGWはあっという間だった。
部屋の片付け、HPリニューアルに曲作りなど、
やれてないことは多々あるが、
色んな経験も出来たし楽しかった!

ただ、Blogを中々書けず、
まとめて書いたので見て下さってる方には申し訳ないし、
俺自身非効率だったので、
書きたいときはちゃんとその日に書くようにしようと思った!


まぁ、また明日から会社の方も頑張るとするかぁ。  
Posted by himurock1981 at 01:06TrackBack(0)日常生活 

May 06, 2006

JEFF'S Special Dinner

バンド練習の後は、
前回の舞台でパッキー役を演じたJEFF宅に向かう。

今日はJEFF'S Special Dinnerを食べさせてくれるとのことなので、
非常に楽しみだった。

彼は料理が結構好きで、
思わず包丁さばきを激写!

出来上がった料理はラザニア風のグラタン的な感じ。

匂いからも最高で、
オーブンをも使いこなし仕上がった料理はもうホント最高だった!

JEFFラザニア風










手料理ってだけで嬉しい最近の俺には贅沢な料理で、
カナダで育った彼の料理の味は日本人にも合い、
非常に美味しかった!

アップルとシナモン、バニラアイスとを混ぜ合わせたデザートも良かった♪


お酒好きの彼ならではのもう一品のデザートは俺は食べれなかった(T_T)

というのも、
ウォッカベースで作られたレモンライムとトロピカルゼリーなのだが、
お酒の味がハンパないッ!

疲労も重なりカクテル一杯でいっぱいいっぱいの俺が、
食べるには重たすぎる。

一つ食べるだけでどうにかなっちゃいそうだった。

皆お酒をあまり飲めないので、
JEFFは残念そうだったので申し訳なかった!

ただ、もう一度言う「あの味はハンパない!」お酒そのものだった!


途中富田役を演じたダイスケが編集したこの間の舞台のDVDを皆で見て、
思い出話に花咲かせたり、ダメ出ししたりで、
非常に楽しい時間を過ごせた!

パーティ  
Posted by himurock1981 at 23:11TrackBack(0)日常生活 | グルメ

バンド練習vol.2

ゲートウェイ今朝3時間バイトした後に、
急いで横浜のスタジオGateWayに足を運ぶ。

ゆっくり昼食を取ってる時間はないので、
コンビニで菓子パンを買い、軽く腹ごしらえ!

前回はずっと腹が一杯でかなり歌いずらかったので、
同じ過ちを起こさない為に抑え気味にした。

昨日はツーリングから帰って直ぐに寝たかったが、
スタジオ前の確認事項も多々あったので、
寝るわけにもいかず、3時頃まで練習していたので、
寝不足ではあったが、
声の調子はそんなに悪くは無かった。

所々腹からパワーのある声を出せていた箇所もあった。

ただ、音程の甘さやメロが掴みきれてない部分がまだ目立った!

練習後に初めて自分の歌声のバンドサウンドをMDで聞くことが出来た。

客観的に聞くとやはり粗が目立つ。

パワーがある箇所も力み過ぎだったり、
フラットしていたりと上げだしたらキリがない。

今回は急遽サポートドラマーが休んだので、
リズムマシンでの練習となったので、
バンドのグルーブに欠ける部分もあったが、
次回はドラマーも参加なので、
俺も課題を克服し、良いサウンドを築き上げたい!  
Posted by himurock1981 at 15:22TrackBack(0)バンド関連 | 音楽

May 05, 2006

ツーリング to つくば

HIDEWAYS壁昨日・今日で愛車と共に250kmを越える距離を走行!

5月のせっかくのバイク日和を無駄にするわけにも行かず、
近場ではあるが、
大学時代の友人Mとツーリングへと向かう。

って言ってもつくばに行くだけで、
目的は俺らのカリスマ店員に会う為!

前日に俺は新横で働いた後に、
久々に都内へと繰り出し、
寄り道をしながら友人宅に1時に到着!

GW真っ只中でも都内の道は空いてるのだろうか。

都心にも関わらず、
信号が変わりスタートを切るとしばし前に走行車がいない光景が続き、
快適に風を切ることが出来た!


友人宅に着くなり、
つくばまでのルート確認をし、
板橋から三郷までは下で、その後常磐道で谷田部まで行くことに。

片道70km程度の距離である。

9時半前にスタートし、
久々の高速で緊張感と躍動感でスピードに乗り、
11時前に現地到着!

カリスマ店員さっそくカリスマ店員Fさんに会うべくショップに向かい、ご挨拶。

ブクロのカスタムカルチャー時代に大変お世話になった店長で、
今でもたまに皆で飲んだりしてるのだが、
彼が立つショップに行くのはホントに久しぶりだった!

HIDEAWAYS NICOLEで働いてるのだが、
俺の好きなカスタム色の強い洋服もあり、
飽きさせない素晴らしいショップだった!



しばしウィンドウショッピングを楽しんだ後は、
イタリアンレストランでランチを取り、
ご馳走にまでなってしまった!


つくばその後15時まで店で俺らは店長を占有してしまったわけだが、
軽く買い物をした後に自宅へ向かった。

横浜までの距離は約100km。

常磐道→首都高→神奈川線と高速で帰ることにしたのだが、
初の首都高をバイクで走るのには結構緊張した。

風も強くハンドルを放すと吹っ飛ばされそうではあったけど、
真剣な眼差しで横浜までかっ飛ばす!

東神奈川で降りる予定がルート違いのせいか新山下まで行ってしまい、
戻るハメにはなったが、2時間弱で無事に自宅へ到着。

愛車も久々の長距離で喜んでくれてると思うが、
無事を俺を届けてくれたことに感謝しつつ、「お疲れ!」と一声掛ける。


何かとバイクでの高速は料金払いが面倒なのだが、
今回は俺はETCカードを持参していたので、
手間も省け、首都高の料金も割り引かれた。

ETCマイレージサービス、ハイカ前割にも登録したので、
走行明細もWEBですぐに確認が可能で、
マイレージポイントも付くってんだから結構お得。

バイク用のETC車載器も近い将来一般化されるので、
俺はあまり乗らないが高速を多用するバイカーにはイイ時代になると言えよう!


バイクの運転は車の3倍は神経使うので、
今回の走行距離でも結構疲れた。

ただやはりバイクは気持ちイイ☆  
Posted by himurock1981 at 23:55TrackBack(0)日常生活 | ファッション